Top >  お役立ち >  兵庫県から佐賀県へ転勤により引っ越し

兵庫県から佐賀県へ転勤により引っ越し

兵庫県から佐賀県へ転勤により引っ越しをしました。 会社の職務命令ですので、引っ越し費用は会社負担ですが、業者の選択はこちらで行い、相見積もりを提出する必要がありました。 業者については、知識がありませんでしたので、会社内で転勤を経験している人から業者を紹介してもらいました。 まず、1社目に見積もりをお願いした業者は、私の会社の転勤で使用された実績が多く、現在は、会社の認定、従業員の引っ越しに推薦する業者とのことでした。 見積もりをお願いして、家具類を見積もったあと、電気製品類の移設について見積もりをしていたところ、業者の担当者が「うちは、エアコンの移設は2台までしかやってないんです」と言い出しました。エアコンは合計で3台あります。「意味が分かりませんが。3台あるのに2台しか移設しないのであれば、残りはどうするんですか?」と尋ねたところ、「お客様自身で電気工事業者と配送業者を手配してお願いします」とのことでした。「一体、どういうことですか?」「我が社の取り決め事項ですので」とのやり取りを交わした後、全体の見積もりが終わりました。 エアコン2台までの移設しかできないことで、この業者は利用せず、見積書だけを会社提出用に入手することとしました。 2社目に見積もりをお願いした業者には、同様に家具類の見積もりをしたあと、電気製品類の移設について打ち合わせました。私は、「移設するものや、台数など、何かせいげんはありますか?」と前の業者であったことを事前に確認しました。答えは、「特に、そんな制限はありません」「それでは、何でも手配していただけますのでしょうか?」と尋ねたところ、できるとのことでした。 私は、エアコンの全ての台数はもちろん、食洗機、浄水器、サイクルハウスまで、見積もりに入れてもらいました。 そして、先に入手していた1社目にお願いした業者の見積書を提示し、これより1円でも良いので、安価にして欲しい。実際にかかる費用は高くても、見積もり段階ではそのようにして、会社の承認を得たい旨を伝え、1社目の業者より、2000円、安い金額の見積書を提出してもらいました。 そして、会社の承認後、2社目の業者にお願いして、無事、引っ越しをしました。 同時に転勤した同僚は1社目の業者を使った者がほとんどでした。会社が推薦している業者ということで、相見積もりが不要だったことが一番の理由だったようです。しかし、前述のエアコンの台数のように制限が多かったために、会社から負担される費用以外に、自分で負担する費用がかなり掛かったとのことでした。 私は、引っ越し費用に関しては、会社の負担する費用以外に自分で負担はしていません。 このように、自社で制限を設けている業者があるので、費用が余計に必要な場合があることに気をつけて業者を選択することが必要です。

引越し業者への引越し予約や見積もりは1社ずつだと大変なものです。
一括で見積もれる業者は複数ありますが、90社をわずかな入力項目で探せる
「引越し価格ガイド」がオススメです。

「引越し価格ガイド」
http://a-hikkoshi.com/

リサイクルなどの不用品の買取なら
リサイクルショップ一括買取の「RETOWN」がオススメ。

「RETOWN」
http://www.retown.jp/

お役立ち

関連エントリー

時間が少なく、食事や休憩が出来ない引越しに苦労した まずは必要最低限のものだけ出すことです 真夏に新築マンションへの引越し ゴミ、不要品の処分について 兵庫県から佐賀県へ転勤により引っ越し 大阪府から兵庫県へ引越し 東京から横浜へ引っ越し